人探し・行方調査 東京都 中野区 探偵【ガルエージェンシー東京中野】

夫 妻 浮気 離婚 浮気調査

東京都の探偵事務所、ガルエージェンシー東京中野は人探しなどのご相談・お見積り無料です。0120-605-789
お問合せ

女探偵Mのブログ
当社部長のブログです。
オンナ探偵の浮気離婚相談室

会社概要 
調査基本料金 border= 
調査内容 
調査の流れ 
調査報告 border= 
調査事例 
お客様の声 
Q&A  
探偵学校・社員募集 
弁護士関係の方へ 
探偵社の選び方 


ホーム人探し・行方調査

人探し・行方調査ならガルエージェンシー東京中野へ

”あの人を探したい!”そのような時はプロの力を信じて下さい。
全国124のネットワークをイントラネットで結び、独自のデータベースを駆使して
北海道から沖縄まで手掛かりを漏らさず確認し調査に対応します。


行方調査とは
人を探す場合大きく分けて二つの種類があります。

1.所在調査(相談内容例:対象者が居場所を隠していないが 居場所が分らなくなったケース)
・昔の恩師・恩人と連絡を取りたいが以前の住所しか分らない。
・自分は今結婚しているが、昔の彼・彼女は今どうしているのか?
・旅行先で出会ったあの人と会いたい。
・最近知り合った人はどんな人なのだろう。
・疎遠になっている親類・縁者。
・悔やまれる別れ方をした、恋人・友人・知人。
・前の職場・アルバイト先の、先輩・同僚・後輩に連絡を取りたい。
・生き別れになってしまった、親・兄弟に会いたい。
・電話番号は知っているが住所が分らない。
・離婚して会えなくなってしまった子供に会いたい。
・小・中学校時代に仲の良かった友人に連絡を取りたい。

ご依頼いただく場合の情報例
電話番号(携帯電話番号)、氏名、生年月日、ご実家の住所、過去お住まいになっていた住所、
4輪自動車又はオートバイの登録ナンバー、出身学校、在職のお勤め先又は以前のお勤め先、等々

どの位の情報(情報量)ではなく、どの様な情報(情報の質)が大切です。


2.失踪・家出人調査(相談内容例:居場所を隠し、人知れず逃げているケース)
・相談相手になってくれた友人・知人と連絡が取れなくなった。
・夫・妻が勤めに出たまま姿を消した、会社にも行っていない。
・妻が、子供を連れて出て行ってしまった。
・交際相手が突然に音信不通になってしまった。
・金銭を貸していた相手がいなくなった。
・夫・妻の交際相手の居所を知りたい。
・遺産相続のため、居所の判らない血縁者を探したい。
・結婚を前提にお付き合いしていた人がいなくなった。
・息子・娘が家出をした。
・別居中の夫・妻が居場所を教えてくれない。
・詐欺を企てた人物の行方を知りたい。

ご依頼いただく場合の情報例
失踪者のお写真、氏名、生年月日、借入金の有無、付き合いのある友人・知人の連絡先、
お付き合いされている異性、良く行く飲食店、その他店舗、ご本人の預金通帳(出金履歴)、
ご本人のクレジットカード、運転免許証の有無、移動手段(車又はオートバイ)、失踪時に持出した物

勿論、全てが分らなくとも結構です。
わずかな情報からでも探せる可能性は十分あります。
まずは当社にご相談下さい、あなたの相手を思う気持ちが最も大切なのです。


行方調査事例

相談者 Fさん夫妻(ともに40代)
 
依頼内容
「高校生の娘が3日前から、朝学校に行ったきり家に帰ってこない。
警察に捜索願を出したが、居ても立ってもいられなくなった。早く何とかして欲しい。」

調査結果
名門女子高校に通う、娘・K子さんが出かけたのは金曜日の朝。
学校には、変わらない様子で授業を受けて帰ったとのこと。
クラスメイトによると、K子さんは真面目でおとなしいという印象で、
いつも、目立たないグループでかたまっていたという。
友人や近所の方に情報を収集したが、有力な目撃談は得られない。
再度自宅を捜索すると、あるミュージシャンのライブチケットを予約した形跡があった。
開催日は前日だったが、ミュージシャンは現在ツアーで全国を回っていて、
当日も地方都市でライブを予定していた。
調査員は急いで会場に向かった。開演1時間前、男性と女性の3人でK子さんが現れた。
調査員が帰るように説得すると、K子さんはどうしてもライブが見たいという事で、
家族に連絡し、一緒に見ることにした。
報告・近況 ライブ終了後、高速バスにてK子さんは調査員とともに家路に向かった。
K子さんは「受験のことでイライラして、真面目にふるまっているのが嫌になった。
新しい仲間に出会って、この4日間は本当に楽しかった。でも、迷惑かけてごめんなさい。」
と言って頭を下げた。
現在、K子さんは無事に卒業し、親元を離れて大学に通っているとの事。
一人暮らしを始めて、親の有難みがよくわかったと電話で話してくれた。 



行方調査事例2

相談者 M子さん(主婦・26歳)

依頼内容
「M子さんが物心つく前に両親が離婚し、母親はそのとき家を出ていってしまっていた。
今回、自分が母親になるということで、一目だけでもいいから実母に会いたい。」

調査結果
調査は、まずM子さんの父親の謄本を洗うことから開始。
そこからM子さんの実母の名前と、実母の父親の住所が判明した。
我々はすぐにこの実母の父親を訪ねた。しかしそこはすでに引き払われていて、
父親の姿はない。転居届けを追っていくと、実母の父親はすでに死亡していて
手がかりは途切れてしまった。
ところが、実母の父親が最後に住んでいた周辺の聞き込みから
実母の姉が近隣のマンションに暮らしているらしいというものだ。
早速、該当マンションの部屋を一軒ずつ当たり、実母の姉を発見。
実母の仕事先を教えてもらうことに成功した。
すぐに連絡を取ると、実母の方でもM子さんのことがずっと気にかかっていたという。
報告・近況 都内のHホテルで、M子さんと実母の対面をセッティング。
10年ぶりに再会した母娘は胸が一杯になったらしく、多くを語らず涙にくれ、
同席していたこちらの目まで涙で潤むほどの感動の対面となった。
探偵という仕事も、まんざら捨てたもんではない。 

問い合わせフォーム